ノミ・ダニによる被害|幅広い害虫に効果的な犬用治療薬「アドボケート」

ノミ・ダニによる被害

数種類の錠剤

アドボケートの紹介をする前に、まずノミ・ダニ、フィラリアがどのような危険をもたらすのかを説明しておきましょう。

まずノミやダニといった外部寄生虫の場合。
こちらは散歩のために外出したとき、犬の体に付着することが多いです。
室内にもノミやダニは潜んでいますので、室内犬だからといって安心しないようにしましょう。
彼らは吸血動物ですので、犬の血を吸います。
吸われる血自体は少量ですが、ノミやダニは繁殖能力が非常に高く、目に見えないだけで何十匹も付着していることがあります。
1匹1匹の吸血量は少なくても、その数が多ければ総合的な吸血量は当然増えてしまいます。
これによって貧血を起こしてしまう危険があります。

また、血を吸った部分が次第に痒くなってしまいます。
犬たちにとってはこの痒みも大きなストレスとなり、精神的な負担につながってしまうでしょう。
痒いからといって掻きむしっていると、皮膚が傷ついて化膿してしまったり、さらにひどい場合は皮膚の炎症を起こしてしまうのです。

これらの症状を緩和し、原因となっているノミ・ダニを徹底的に駆除するためにも、アドボケートのような害虫駆除薬は必須と言えるでしょう。
彼らの存在を放置していると、犬だけではなく私たち人間にも悪影響が出てしまう危険がありますよ。